本文へ移動

看護学科 公式ブログ

緊張の・・・

12月に高校2年生が初めての病院実習に臨みました。
何もかもが初めての経験でしたが、目を輝かせながら現場の看護師さんの後ろをついて回り、貴重な体験をして様々な気づきを見つけることができました。
学校ではない実際の現場で改めて看護とはなにかを考えることのできた実習だったと思います。

あっ、私の受け持ちの方と・・・

高校最後の病院実習が終わりました。
実習最終日は、学内で受け持ち患者様との関わりを振り返り報告会を行いました。
 
受け持ち患者様の状況と患者様に行ったこと、学んだことを紙にまとめて報告しました。
同じ病気や年代でも、患者様の状態や出来事はそれぞれ違い、共有することで学びを深めていました。

息を合わせて・・

1.2の..3と患者様をベッドからストレッチャーへ移乗する技術の練習風景です。
ドラマでも救急車で搬送された患者さまを診察台に移乗する場面を見かけますが
日常の病棟でもベッドからストレッチャーへの移乗はよく見かける技術です。
 
実技では、ビデオ撮影を用いて実際に自分たちの動きを見て振り返ります。
うまくできたところや改善点を確認し合い技術を磨いています。

あのミュージアムがついに中央高校に上陸

11月は文化祭がありました。
各学年の生徒が計画を立て協力しながら準備していました。
看護科3年生は、看護をテーマに工夫しながら展示をしていました。
恐怖映像を鑑賞し血圧や脈拍の変化をみてビビり度を測定したり、あのう〇こミュージアムをお手本に
自分たちのミュージアムを作り上げていました。出来上がったものは、看護教員も納得の出来上がりで
実際に触れた後は、アロマオイルを用いた手浴を体験していただき、ブルーな気持ちから爽快感を与えるという
とても看護らしいかかわりができていたように感じました。

『われはここに集いたる

人々の前に厳かに神に誓わん。』
ナイチンゲール誓詞の冒頭の言葉です。看護師としての必要な精神をここで誓いこれからの病院実習に臨みます。
 
きっと、一年生は来年の自分を想像しながら、2年生はこれからの自分を、3年生は初心を思い返す貴重な時間になったと思います。
 

片づけまでが

演習です。
 
高校一年生が新たな技術
 洗髪を練習中。
技術習得のためがんばっています。

心を込めて磨きます。

10月25日に戴帽式を迎える2年生の為、3年生がエールを込めながら燭台(ろうそくを立てる台)を磨きます。
今年の戴帽式は、平日の開催となり一般の方の見学はできませんが、式典の様子は後日こちらのブログで
報告します。

実習終了(2回目)

今回からは、成人・老年看護学実習となり前回の基礎看護学実習からステップアップします。
授業でならった加齢によって生じる特徴をしっかりと観察しました。
学校の授業ではイメージしづらいことも、患者様とかかわることで体に起こる変化などの実際を知り、学びが深まりました。
そして、生徒は振り返りをすることで気づきや課題も見出せていました。
患者様と寄り添うことで生徒は貴重な体験をしました。

第二回オープンスクール

本日は、2回目のオープンスクールでした。
今回は、看護学科の授業がどういったものかを実際に体験。
テーマは「骨」
タブレット端末を使用し、デジタル教科書で骨の構造を確認したり
カメラ機能を使い実際に骨(鳥の)の骨髄を観察しました。
担当教員の「推し骨」など、骨についての小話もあり中学生楽しそうな表情も見られてよかったです。
ご参加ありがとうございました。

2回目の病院実習に向け準備中

9月の中旬から始まる病院実習に向け、オリエンテーション中です。
今回の実習は3年生になってから、2回目の実習になります。
前回同様患者様を1名受け持ちます。
学校で習ったことや事前に調べたことを活かして患者様の思いに気づき、看護ケアを行います。

戴帽試験

本日は、戴帽試験(筆記)です。
生徒は、夏休みに登校し合格に向け勉強を頑張っていました。
今回の実技・筆記試験を糧に病院実習に臨みます。

戴帽式にむけて

実技演習のチェックがありました。
夏休みが始まってからも、シーツ交換・バイタルサイン測定の練習を重ねていました。
練習の成果を出せた子もいれば、緊張で思ったようにできなかった子もいたようです。
演習後に振り返りを行い、それぞれ課題も見つかっていたようです。

VR体験

株式会社スリーダインさんより医療機器の取り扱いをVRを利用して疑似体験させていただきました。
実際にあった医療事故をもとにシュミレーションを行い、医療機器の取り扱いのポイントも確認できました。
なんといっても臨場感があり現実に行っているような感覚でした。
病院での新人教育や大学などの教育現場でも導入が検討されているところもあるようです。
これからソフト面も増え多様性が広がれば、教育現場での実用も夢ではないのかなと感じました。
 

オープンスクール無事に終わりました。

7/13にオープンスクールがありました。
看護学科は血圧測定などの看護技術体験や学生による学科紹介を行いました。
体験ブースも学科紹介にもたくさんの中学生と保護者の方にご参加頂きました。
ご参加ありがとうございました。

実習病院より

病院実習先の指導者からの実習評価を受け取ってきました。
病院実習では、現場の看護師より実習中の取り組みを評価してもらい、
良かった点や次回に向けた課題などの指導を頂きます。
 
学校だけでは学べないことを、しっかりと指導していただき生徒たちは成長していきます。
 

初専攻科実習室 

高校2年生は現在血圧測定の実技演習をしています。
初めての病院実習に向けて色々な看護技術を学んでいます。
 
 今回は、初めて専攻科の実習室を使って演習をしています。
 
注意事項をしっかりと聞きながら演習を頑張っています。

病院実習に奮闘中!!

6/10~2週間病院実習が始まりました。
 
緊張しながら現場の看護師より指導を受け,電子カルテから実際の患者様の状態を確認中。
 
休憩室では、リラックスした表情も見られ束の間の休息・・・

1年生 シーツ交換の実技演習中

新品のエプロンを身に着け、実技演習に取り組んでいます。
お互いに身だしなみを確認!
先生からのチェックも受け、いざ実技演習です。
シーツ交換の基本、三角折りもきれいに折れてます。

病院実習に向けて

看護学生の様子をブログを通して紹介していこうと思います。
 
現在高校3年生は、3回目の病院実習に向けて頑張っている最中です。
 
 ※ちなみに、高校生の間に病院実習は5回行っています。(高校2年生:2回 高校3年生:3回)
 
現場の看護師に指導を受けながら、患者さんと直接係わることで様々な経験を経て学びを深めています。
 
先日も実習先の病院で、オリエンテーションを受けてきました。
参加した生徒は、オリエンテーションに参加することで刺激を受け、気持ちを引き締めたようです。
 
それぞれの生徒が実習に向けて準備に励んでいます。
 
 ただ今看護技術の練習中!!