本文へ移動

看護学科 公式ブログ

病院実習に向けて

看護学生の様子をブログを通して紹介していこうと思います。
 
現在高校3年生は、3回目の病院実習に向けて頑張っている最中です。
 
 ※ちなみに、高校生の間に病院実習は5回行っています。(高校2年生:2回 高校3年生:3回)
 
現場の看護師に指導を受けながら、患者さんと直接係わることで様々な経験を経て学びを深めています。
 
先日も実習先の病院で、オリエンテーションを受けてきました。
参加した生徒は、オリエンテーションに参加することで刺激を受け、気持ちを引き締めたようです。
 
それぞれの生徒が実習に向けて準備に励んでいます。
 
 ただ今看護技術の練習中!!

1年生 シーツ交換の実技演習中

新品のエプロンを身に着け、実技演習に取り組んでいます。
お互いに身だしなみを確認!
先生からのチェックも受け、いざ実技演習です。
シーツ交換の基本、三角折りもきれいに折れてます。

病院実習に奮闘中!!

6/10~2週間病院実習が始まりました。
 
緊張しながら現場の看護師より指導を受け,電子カルテから実際の患者様の状態を確認中。
 
休憩室では、リラックスした表情も見られ束の間の休息・・・

初専攻科実習室 

高校2年生は現在血圧測定の実技演習をしています。
初めての病院実習に向けて色々な看護技術を学んでいます。
 
 今回は、初めて専攻科の実習室を使って演習をしています。
 
注意事項をしっかりと聞きながら演習を頑張っています。

実習病院より

病院実習先の指導者からの実習評価を受け取ってきました。
病院実習では、現場の看護師より実習中の取り組みを評価してもらい、
良かった点や次回に向けた課題などの指導を頂きます。
 
学校だけでは学べないことを、しっかりと指導していただき生徒たちは成長していきます。
 

オープンスクール無事に終わりました。

7/13にオープンスクールがありました。
看護学科は血圧測定などの看護技術体験や学生による学科紹介を行いました。
体験ブースも学科紹介にもたくさんの中学生と保護者の方にご参加頂きました。
ご参加ありがとうございました。

VR体験

株式会社スリーダインさんより医療機器の取り扱いをVRを利用して疑似体験させていただきました。
実際にあった医療事故をもとにシュミレーションを行い、医療機器の取り扱いのポイントも確認できました。
なんといっても臨場感があり現実に行っているような感覚でした。
病院での新人教育や大学などの教育現場でも導入が検討されているところもあるようです。
これからソフト面も増え多様性が広がれば、教育現場での実用も夢ではないのかなと感じました。
 

戴帽式にむけて

実技演習のチェックがありました。
夏休みが始まってからも、シーツ交換・バイタルサイン測定の練習を重ねていました。
練習の成果を出せた子もいれば、緊張で思ったようにできなかった子もいたようです。
演習後に振り返りを行い、それぞれ課題も見つかっていたようです。