本文へ移動

理事長挨拶

理事長挨拶

 
 本学園は、創始者佐々布遠先生、初代校長の内藤儀十郎先生のお二人が中心となり、明治36年10月1日に前身である「坪井女子工芸学校」として設立されました。「良妻賢母」「高志躬行」の校訓を柱に建学の精神に基づき、社会的自立を目指した有為な人材の育成を目指しています。また、昭和29年4月には「坪井幼稚園」を併設。どろんこ教育や園外保育等を通じ心身ともに逞しく、また感性や創造性を育む教育を実践しています。
 令和5年10月に本学園は創立120周年を迎えます。大きな節目に向け新たな一歩を踏み出すため、生徒や保護者にとって更に魅力ある学園となるように、「同心協力」して学園運営を進めて参ります。
 少子高齢化が進行する中、一方ではグローバル化、教育ICT化の進展など教育環境は大きく変化しています。本学園では、こうした環境変化に対応し、新しい時代の要請に応える生徒を育み、一人一人の可能性を最大限に伸ばす教育活動に一層努めて参ります。
令和2年12月吉日
学校法人 加寿美学園
理事長 竹下 英
【理事長プロフィール】
1951年生まれ、山鹿市鹿北町出身
1974年3月明治大学法学部卒業、2013年5月学校法人加寿美学園理事、2020年12月同理事長に就任。2018年3月株式会社熊本銀行頭取を退任して同行顧問。一般社団法人熊本県法人会連合会会長。趣味は山登り・ゴルフ・古書店巡り。