本文へ移動

園長挨拶

園長挨拶

園長挨拶
 

 昭和29年4月の創立以来、戦後の復興とともに歩んできた伝統ある幼稚園です。

熊本城や県立美術館、熊本博物館に囲まれ、文豪夏目漱石内坪井旧居に隣接するなど、静寂な文教地に位置し、恵まれた保育環境の中にあります。また、保護者や地域の皆様などによります後援会活動におきましても、常に温かく見守っていただき、積極的にご支援いただくなど、地域に根ざした幼稚園です。 

 

 本園の教育理念は、‟遊び”を通して、「こころ」と「からだ」を育むです。

 

 令和2年度に、園舎の耐震補強工事・園庭拡張・職員室・会議室(2階建て)の増築工事を行い、令和3年2月には園舎が完成いたしました。安心安全な施設に生まれ変わりました。


 園庭には、木イチゴや杏の木の実をつけ、収穫した木の実でジャムにしたり、季節を子どもたちと一緒に感じることができます。拡張した園庭には、新たにたくさんの木の実を育て始めました。また、おやぢの会のご協力で赤土山が出来上がり、水を運んで、泥んこ遊びや泥団子づくりがいつでもできます。頭から足の先まで泥んこになる子どもたちの笑顔いっぱいの表情や生き生きとしたその姿に、本来の子ども像が重なって見えます。


 室内活動では、絵本の読み聞かせやものづくり遊び、劇遊びなどにも取り組み、さくら さくらんぼのリズム運動も取り入れるなど、子どもの全身の機能や感覚を豊かに発達させることで、多くの可能性を引き出そうとする保育活動を展開しています。

 この他、全園児で行う園外保育では、年長児が年少児の手を引いて出かけ、遊んでいます。ともに広い公園を駆け回り、坂すべりをしたり、季節の植物に触れたりすることを通して、思いやりの心や自然を愛する心を育てています。

 


 

  このように本園では、子どもたちがおもしろい、楽しいと思う活動を通して、考える力やコミュニケーション力、他者と折り合いしながら共生していく力を育てることを大切にしております。

  
 本園職員一同「いつも子どもを真ん中に」を合い言葉に日々研鑚し、子どもに学ぶ保育活動を目指しておりますので、保護者の皆さま、地域の皆さま、本園へのご支援・ご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。
 
 
  

 坪 井 幼 稚 園 

園長  小椋 衣津

教育の特色
園の一日
年間行事
先生紹介